園長ご挨拶

2018-06-22

 

子ども達と先生の笑顔が広がり
「明日も行きたいな」と心弾む保育園を目指して

平成30年度のスタートにあたり園長就任のご挨拶を申し上げます。10月からあっぷる保育園 糸島の園長を務めることになりました。責任の重さを感じるとともに身の引き締まる思いです。

著しく成長していく姿が可愛らしい乳幼児期は、ご家族がご自身の手元で育てたいと一番強く思われる時期であると思います。その時期のお子さまが保育園という場で一日の大半を過ごすことに対しご不安もあるのではないでしょうか。

大切なお子さまの安全面を最優先し、責任を持ってお預かりいたします。

大人の受容という安心できる環境においてたくさんの愛情を受け、満たされて育った子どもは情緒が安定し、自己肯定感が生まれます。そして、人を好きになり、愛する喜びを知ります。

私達は、子ども達一人ひとりの気持ちに寄り添い、受け止めることで子ども達自身が園から集団という輪に意識を広げ、その中で思いを伝え合う力を培ってほしいと考えています。

そのために、お子さまの園やご家庭での様子、成長過程での感動・悩みや心配など、どんな些細なことも保護者と園が共有して相談し合い信頼し合える関係を築いてまいります。

最後になりましたが、いつも今日は何をしようかとワクワクするような毎日でありたい、明日行くのが楽しみで待ち遠しくなるような園でありたいと思います。それは子どもだけ でなく、職員も同様です。私にとってあっぷる保育園は大きな家族のイメージです。

たくさんの個性がクラスの枠を越えて集まった大家族の中で、毎日心弾む声が聞こえてくる、そんな園にしたいと思っております。

皆さまとの出会いを心待ちにしております。

あっぷる保育園糸島 園長 徳永 晋市郎